ジレンマ

お天気が不安定な日々が続いています
でも昨日も今日もお散歩は どうにかセーフです
明日は たぶん無理そうだな 1日中傘マーク





DSC00057_R.jpg

お山は霧がかかって幻想的

そんな散歩風景の今日の写真
でも内容は ちょっと違います^^



お時間の無い方はスルーしてくださいね



DSC00052.jpg

若い元気な時期のワンコでも 身体に良くない事に関しては
飼い主さん達はとても敏感に対応されていると思う

シニアっ子や病気のワン達は身体に負担がかかると解っていても
優先順位を気にしながら色んな選択を迫られる

勿論 誰の思いも 「何時までも元気で長生きして欲しい」と。。。





DSC00039.jpg

高齢犬にストレスをかけたくない 出来れば穏やかにこのままで
でも ストレスをかけても乗り越えたい時もあり

その時その時で 難しい判断を突きつけられる
思いは同じでも 飼い主さんの考え方は たぶん様々





DSC00046.jpg

キャスは先生と相談して 狂犬病やワクチンは去年から保留
保留の申請は出してもらっています

前庭疾患の発作が去年1年 無かったとは言え
今年の予防接種はどうしよう?

フィラリア投薬は去年に引き続きかな


明日は病院へ行かなければ!





DSC00031_R.jpg

ノミ・ダニ対策はフロントラインが まだ5本あるんだけれど
高齢でもあり アロマオイルで作った虫除けを去年は使用
大丈夫だったので これはいいぞー と思っていた矢先

口元の皮膚の炎症からニキビダニが見つかり・・・





DSC00033.jpg

対処策として ニキビダニにも効くと言う『ブラベクト錠』の投薬  2015年11月
3ヶ月持続の効果でニキビダニはいなくなった

あれから6ヶ月
またニキビダニの悪さが始まったようで 再度『ブラベクト錠』の投薬  2016年5月


1回の投薬で3ヶ月も効果があるって ニキビダニまで撃退するって 
身体にどうなんだろう?
心配ではありますが 口元の皮膚の炎症改善を優先





DSC00038_R.jpg

前回 『ブラベクト錠』 と 抗生剤の注射『コンベニア』での処置後の
血液検査では異常は認められず

目頭・口元の皮膚の調子が悪くなった時に 単発的に取り入れてもいいかなと・・・
もうこれしか 良くなる気がしない



涙の量を減らすため しゅん膜を取り除く手術もあるらしいが
14歳のキャスには命がけ
命までかけたくないし







DSC00069_R.jpg
ヨーキーのクリス君 ただいま18歳 大先輩です

其々の判断が正解で無いかもしれないけれど
信じるしか無いよね


狂犬病注射・ワクチン・フィラリア・ノミダニなど
予防対策の考え方って難しい

ワン達の体調・環境・年齢など そのこ そのこですべて異なるものね





最後までお付き合い有難うございます
長くなってしまい 申し訳ないです


にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村


banner (2)


プロフィール

CASーK

Author:CASーK
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: